自己処理で起こる肌トラブル

無駄毛の処理をするのであれば、自己処理で十分と考えている方が多いです。
しかし、毛抜きや剃刀で脱毛をしても、やはり無駄毛は次から次へと生えてきますので、ずっと処理をし続ける必要があります。
それに、自己処理を続けると、毛穴にブツブツができてしまいます。

こうなると、どんなに無駄毛のない綺麗な肌であってもコンプレックスになってしまいます。
他にも、色素沈着になる可能性があります。
特に脇の下を剃刀で剃って処理をすると、開いた毛穴の中にばい菌がどんどん入ってしまいます。これによって、黒ずみに発展してしまうのです。


こうした肌トラブルを抱えながら自己処理で満足をしていいのか?まず考えてみることが解決策を導くきっかけになります。
脱毛のアフターケア

脱毛方法の色々

脱毛方法と言えば、自己処理の他にエステサロンでの脱毛はあります。
以前までは、ニードルという毛穴に針を刺して電流を流すという痛みの強い脱毛方法もありましたが、現在はこの脱毛方法を行っているところはあまりありません。
最近はリーズナブルな価格で、綺麗な肌を手に入れることができるフラッシュ脱毛が人気を浴びています。
フラッシュ脱毛は、エステサロンで行っている脱毛方法で、痛みが少ないことや低価格で施術をすることができるとして多くの人が利用しています。
フラッシュ脱毛は毛周期に合わせて、効果のある成長期に合わせて施術をすることになります。

ですから、長期的に通う必要があります。エステで脱毛をするのであればまずは通いやすいエステサロン選びから始めましょう。

毛周期を知る事から始めよう

脱毛を効果的に行うには、毛周期のサイクルについて勉強しなければいけません。
毛周期は、成長期、退行期、休止期の3つをぐるぐる回っています。
成長期は、ぐんぐん無駄毛が成長する時期のことを言います。
退行期は逆に抜け落ちてしまう事故のことです。
そして休止期は、次の毛が生えてくる準備期間のことです。
このサイクルを順番に繰り替えしながら無駄毛というのが育っているのです。

そして、この3つのサイクルの中で脱毛効果を得ることができる時期は成長期です。
成長期にレーザーやフラッシュを充てて、毛根を死滅させることによって、無駄毛が生えにくくなります。
ただ、この時期はエステサロンなどの専門の場所でしかわかりませんので自己判断をするのは難しいです。